ブログネタ
■■■FUJI ROCK FESTIVAL■■■ に参加中!
FUJI'08 入場ゲート






入場ゲートをくぐり、メインステージが目の前に迫ったところでいったんトイレ休憩!

やってくれます二日酔いの悪友。

コンペックス「健康的に朝イチでウンチ?」
悪友  屬い筺▲殴軼任い舛磴辰
コンペックス「どんな入場パフォーマンスやね〜ん

悪友◆ 屬いコンペックス! またタメ口聞きやがったな!! しかもお笑い的なつっこみしやがって!! FUJI ROCKだからって調子に乗るんじゃねぇ!!」

悪友全員「やっちまえ!!」

初日、ゲート通過後にコンペックスはウンチ発言をきっかけにリンチされてしまいます。

・・・。

下らないので進めます。


そして目の前に現れたのがFUJI ROCKで一番大きいGREEN STAGE

今回は Primal ScreamやUNDERWORLD、ASIN DUB FONDATIONやMy Bloody Valentineなどのいわゆる世界中で名の知れているBIG NAMEが出演するメインステージです。

3日間のトップバッターはいきなしRODRIGO Y GABRIELA

※RODRIGO Y GABRIELAについてはこちら



FUJI ROCK'08に早々と出演が決まり徐々に知名度を上げたものの、まだまだ日本では無名なメキシコ出身のアコースティックデュオ。

2008年3月にはSMASH経由で単独来日公演をしてまして、もちろん見に行きました。

※単独公演のレポートはこちら

とは言え、私の中ではとても熱いアーティストでまさか日本の野外FES、それもFUJI ROCKで見れるとは…。

FUJI ROCK関係者の方のお話では「この音を是非、爆音のGREEN STAGEで披露させ、観客を初日の朝っぱらからビビらせたい!」という事でのキャスティングです。



我々は結構早めに会場入りしたため、まずはビールで乾杯。

FUJI ROCK初日のGREEN STAGEに集まるお客の高揚感を感じながら1杯目のビールです。


寒いのは分かってます。
寒いのは分かっているんだけど…。

「ルネッサ〜ンス!!!

寒いのは分かってます…。


という事で、そんな寒さも吹き飛ばし、ステージに現れたのはRODRIGO Y GABRIELA!!

3日間連続でLIVEをやるという予定だったのですが2日目は機材トラブルでキャンセルだった模様。

初日は40分間という短めのプレイタイムだったにも関わらず、徐々に観客の注目度は高まってきます。

「なんなんだこの2人組は!!」ってな具合かな。

主に男性のRODRIGOがリードギター、女性のGABRIELAがリズムギターというパート分け。

誰もが度肝抜かれるのがGABRIELAがリズムギター。

ギターのボディや弦を叩きまくり。
叩きまくりながらも器用にピッキングし、ギター兼パーカッションという驚くべきテクニックで強烈なインパクトを与えてくれました。

RODRIGO Y GABRIELAは3日目のFIELD OF HEAVENにも大トリとして出演するという事で、我々は最初の半分くらい見て奥のステージへと移動します。

メインステージを通り過ぎ、10分程歩くと見えてくるのが2番目に大きいステージであるWHITE STAGE。

毎年、WHITE STAGEの3日間のスタートってのは伝説が起こるわけですが、今年はRYUKYUDISKOが出演。

沖縄テイストな打ち込みビートを感じながらさらに奥のステージに進みます。

その奥にあるのはFIELD OF HEAVEというFUJI ROCKの中でも最もPEACEでORGANICなコンセプトなステージと、さらにその奥に「JAZZ&WORLD MUSIC」がテーマであるORANGE COURTがあります。

初日の1発目はそれぞれ日本のアーティスト中山うりDOBERMANです。


↓↓↓■1クリックよろしくお願いします■↓↓↓


FUJI ROCKベイベーーーーーー!!!!





※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※目次ページはこちら