ブログネタ
WORLD MUSIC に参加中!

『エトランゼ』


※amazonで詳細を見る



遅ればせながら最近やっとインターネットラジオを楽しんでいるコンペックスです。
近々、知らない方のために紹介しますんで、お楽しみに。

では本日も淡々とレビュー。




FUJI ROCK'08参戦決定アーティスト。
中山うりちゃんでごあす。

同じくFUJI ROCK'08に参戦決定しているEGO WRAPPIN'やらオレンジペコー、DOUBLE FAMOUSE辺りがお好みな方は是非ともチェックしてみてください。

上のジャケは2007年リリースの2ndアルバム『エトランゼ』。
※全曲視聴はこちらから

※中山うりのオフィシャルHPはこちら

中山うり
ショートカットがかわいらしいこの女の子が中山うり。


「天性の声質」と各方面から絶賛されているシンガーソングライターで、作詞作曲の他にトランペットやアコーディオンも弾く積極的女子代表。




子供の頃はブラスバンドでトランペットを吹いていたりして、楽器に触れる機会は多かったそうです。

中でもアコーディオンを弾くキッカケというのがまた積極的で、ご存知アコーディオンプレイヤーのcobaのお父さんが経営する楽器屋にフラっと足を運び、その日中にGETしてしまうという。

プシースウィング、ミュゼット、タンゴなど世界中のアコーディオン音楽を絶妙にブレンドしたPOP MUSICは非常に新鮮。

2008年はPerfumeか?それとも中山うりか?

もさらにビックリするのが、彼女、現役の美容師さん。

音楽も美容師も両方好きという理由で、フリーの美容師も掛け持ちしているんだそうです。

美的センスも日々鍛えているという事でファッションにも注目ですね。


FUJI ROCKには2006年にCDデビュー前にも関わらずGYPSY AVALON STAGEに出演歴があり、2年のスパンを空けながら今回は早々とFUJI参戦が決定してます。

2007年にはSUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESと参戦し、アルバムも2008年現在で2枚出してます。

ASYLUM STREET SPUNKERSの来日公演では前座を務め、喝采を浴びるなんていうエピソードにも納得です。


内容は渋洒落テイスト満点の大人向け。

ゆったりした曲が多く、オーガニックな楽器編成がJAZZやWORLD MUSICファンには嬉しいです。

うりちゃんの雰囲気満点の歌声に、自ら奏でる哀愁漂うアコーディオン、クラリネットやアコギ、パーカッションなどの楽器編成も大人な雰囲気を終始醸し出してます。

声質がJAZZとかWORLD MSSICに合うから成り立つんでしょうね。
浜崎あゆみがJAZZやってもどうなんかなとか思いますしね。

ただ歌うだけじゃなく、ポエムも読みますし、字余りテクニックも披露するセンスも憎いです。

8曲目に収録の「星の界」では賛美歌のカヴァーなんかもやってますし、彼女が普段聴いている音楽の幅も広いんじゃないでしょうかね。


FUJI ROCKでの出演はJAZZ/WORLD MUSICがテーマのORANGE COURTだと思われます。

赤とんぼが飛び交う夕暮れに、うりちゃんの歌声とアコーディオンを聴きながら酒を飲むってのはなかなか粋ですね。



ランキング参加してます。
たまにクリックしてくれたら幸い。
banner_02




※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら







※このアルバムの1曲目に収録の「笑う月」のPV




※中山うり@Rising Sun Rock Fes 2007