ブログネタ
■■■FUJI ROCK FESTIVAL■■■ に参加中!
FUJI ROCK'07 GREEN夜


という事でFUJI ROCK'07の3日目ももうすぐ各ステージがクライマックスを迎えます。



各ステージのトリは・・・

GREEN STAGE・・・CHEMICAL BROTHERS

WHITE STAGE・・・JUNO REACTOR

RED MARQUEE・・・CLAP YOUR HANDS SAY YAH

FIELD OF HEAVEN・・・HEAVEN’S JAM

ORANGE COURT・・・FERMIN MUGURUZA



FUJI ROCKベイベー達は何を見ましたか?
行ってない方は、もし会場に居たらどれを見ますか??

会場内のFUJI ROCKベイベーの殆どはGREEN STAGEのCHEMICAL BROTHERSに集まるはずですね。

CHEMICAL BROTHERSを何度か見たことある通の方はWHITE STAGEでのJUNO REACTOR

ROCKで締めたい方はRED MARQUEEのCLAP YOUR HANDS SAY YAH
やっぱ最後はHEAVENで締めという方はHEAVEN'S JAM
どこにも属さない、又はマニアック趣向の方がORANGE COURTのFERMIN MUGURUZA

私はやはりORANGE COURTのFERMIN MUGURUZAを見てしまいました。
お隣のFIELD OF HEAVENのHEAVEN'S JAMも歩いてすぐだしね。

我らFUJI ROCKベイベーも見事に分散し、バラバラの締め方を選んでます。
数人はやはりGREEN STAGEのCHEMICAL BROTHERSに。

Fermin Muguruza


という事でFERMIN MUGURUZA

この日は1日2ステージ。
数時間前には爆発テンションでGREEN STAGEで大暴れしてました。

ホントはFISHBONEが出演する時間だったんですが、急遽キャンセル。
抜擢されたのがFERMIN MUGURUZAなのであります。

ほんとはHEAVEN'S JAMを見てから後半はFERMINにしようかと思ったんですが1曲目で「Maputxe」のイントロが始まった瞬間予定変更。
あのイントロのサンプリング音を聴いたらそのジャッジをせざるを得ませんよ!

ステージ前はスカスカ。
大丈夫なのかこんなんで。

まあじっくり近くで見れるから嬉しいんだけど。
それにしても、お客さん。
ほとんどはFERMINファンです。
みんな曲を知ってる模様。
これには正直驚きました。

この会場内に同士がこんなにいたとは・・・。
マニアックな事にバスクの州旗を振り回してる人もいます。

便乗して「オレは●●だ」とWOWWOWに写ろうと自分の名字の書いた旗を振ってるアホ野郎もいます。

何と言っても、新譜からの曲を含めほぼ全曲知ってるわけで、楽しくないはずがないです。

SKAのビートも乗りやすく、スグに汗ダクですよ。
MCはバスク語のため、何を言ってるのか分からないのがちょっと寂しいですが、熱いヴァイヴはビシビシ伝わって来ます。

何と80分のロングステージ。

お疲れさまですFERMIN。
きっとFUJI ROCK大好きなんだろうなぁ。
次回はMANU CHAO先生も誘って連れて来ておくれよ。

今回で3回目のFUJI ROCK出演なんで、きっとまた来るはずなんで見逃した方は必見ですぜ。


ほとんどFERMINのLIVEを見ていたんですが合間を縫って、ちょいとFIELD OF HEAVENに移動してみました。

トリはHEAVEN'S JAMというセッションバンド。
メンバーは以下。

DACHAMBO(メンバー全員)
勝井祐二(Vio) 山本精一(G) 芳垣安洋(Dr) 岡部洋一(Per)[From ROVO]
佐藤タイジ[From THEATRE BROOK]
エマーソン北村(Key)
元晴[From Soil&“Pimp” Sessions]
中納良恵[From Ego-wrappin’]



SMASHなりにCHEMICAL BROTHERSに対向出来るネタを考えたんでしょうね。

ちょっとしか見てませんが、見たのがかなり盛り上がってるワンシーン。
みんな熱血プレイの最中で、ステージ上でほぼ全員が音を出してるわけです。
これが確実に裏目に出てます。

1つ1つの音が聴き取れず、爆音ノイズバンドと化してました。
前の方に行ってみるとそんなに踊り狂ってる人もおらず。
ファイヤーダンサーもステージ前にいたんですが、そっちの方が気になってしょうがないです。
これってどうなんだろう・・・。
最初から最後まで見た人の感想は・・・。

その跡はすぐにFERMINに戻り、ORANGE COURTは終了。
それでもHEAVEN'S JAMのLIVEは終ってなかったので、再度見に行きますが同じ状況。

DACHAMBOメンバーは異様にノリノリなのもどうなんだろう。

HEAVEN'S JAM。
全然魅力感じなかったなぁ・・・。
普通にROVOとか出せば良かったのに・・・。

そんな感じでHEAVEN'S JAMも終了。

「今年ももう終りか・・・。 なんて早い3日間なんだ・・・。」
そんな気持ちで荷物を持ちテクテクと退散。


GREEN STAGEではCHEMICAL BROTHERSを見ていた悪友3人と合流。
かなりお疲れの模様です。

この段階で、クロージングアクトに抜擢されたLOSTPROPHETSのLIVEは始まってます。
何でも結成10年の英国産ヘヴィーロックバンドなんだとか。

とりあえず知りません。

GREEN STAGE前にいる数万人のお客のほとんどはCHEMICAL BROTHERSの客が残っただけでLOSTPROPHETSのファンというわけではないのにかなりご機嫌な模様です。
「俺達はついにここまで上り詰めたぜーー!!」的なノリ。

この日が誕生日のメンバーがいたらしく、ケーキが登場。
何を血迷ったか会場にケーキを投げ散らかします。

中越地震で食料や水が不足し、募金も募ってるFUJI ROCKで。
エコに一生懸命取り組んでるFUJI ROCKで。

これは戴けませんよ・・・。
会場後方ではブーイングも起こってたのに、本人達には聞こえずノリノリ状態。
前の方のコアなファンは盛り上がってましたが・・・。

演奏の完成度も高いし、歌も上手いんだから黙って演奏してればいいものを。
テンション下がりますよオジサンは・・・。

これが我らのクロージングです。
みんな座りながら見てます。

そうして長いようで短い、短いようで長い私のFUJI ROCK’07が幕を閉じます。

この日は酒の摂取量が少なめだったため、宿に戻り、ビール飲みながらFUJI ROCK反省会を開催。

結局寝たのはRISING SUN@新潟を見届けた後でした。

    
次回はFUJI ROCK'07を簡単にまとめます。

応援1クリックよろしくお願いします
FUJI ROCKベイベーーーーーー!!!!



※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※目次ページはこちら