ブログネタ
■■■FUJI ROCK'06■■■ に参加中!
そんな熱い友情ドラマの後にORANGE COURTで始まったのはNATSUMEN
このバンドも熱いんです。
※NATSUMENについてはこちら


「ホーン入り爆裂テンション系popプログレオーケストラ」とでも言いましょうか。
泣きのメロディーに高速ビート、悪友の1人は涙したそうです。


私は遠くから見てたんで感動は半分でしたが、このバンドもFUJI ROCKベイベーにかなりの衝撃を与えたに違いありませんね。

A HUNDRED BIRDS ORCHESTRAを見に移動を開始するとHEAVENでは加藤登紀子が始まってます。
凄い人です!!
歩けないくらい。
お登紀さんは白いドレスを見に纏い、年季の入った歌声で観客の涙を誘います。

加藤登紀子


モンゴル800の「あなたに」をREGGAEカヴァーしてたのは聞こえましたね。
これは最後まで見た方が良かったのかも・・・
たしか沖縄系のオムニバスでもカヴァーしてたな・・・



「今日はかわいい男の子が多いわね〜。ウフッ♪」
というMCに我らはダッシュで逃げ出してしまいました。

最後は「百万本のバラ」でしょうか。
「百万本のバラの花を〜♪ アナタにアナタにアナタにあげ〜る〜♪
 可愛い可愛い男の子〜♪ ワタシがワタシがワタシが食べ〜る〜♪」

恐るべし、お登紀!
環境問題にも積極的に取り組んで事で今回FUJI ROCKに参戦したんでしょうね。


お登紀から辛くも逃げてA HUNDRED BIRDS ORCHESTRAのLIVEに途中参加。


とってもお洒落サウンドでクラブミュージック寄りの大所帯バンド。
ホーン、パーカッション、女性ボーカル等ステージには30人近くいたでしょうか。
よくもまあ、こんだけたくさんのメンバーが集まったものです。

このバンドも数曲をチラ見。
意外に疲れも蓄積したため、AVALONでメシ休憩です。
目の前を歩くギャル達のおっぱいを眺めながらしばし休憩。

SMASH代表の日高さんも奥の方で気持ち良さそうにくつろいでました。

Tommy Guerrero



そして、WHITE STAGEでは西海岸ストリート・カルチャーのカリスマ、TOMMY GUERREROのLIVEがスタートします。



CDではいろんな実験的要素が入ってカッコよいんですが、LIVEでは意外にもギターメインのストレートな癒しROCK。
ファッション的には飾りすぎないシンプルなスタイルにも関わらず自然に醸し出されるお洒落さが漂います。
眼鏡も素敵です。

THE BOOMの宮崎和史率いるWORLD MIXTURE BANDであるGANGA ZUMBAを見ておきたかったためGUERREROのLIVEを数曲で退散します。

「恐るべしお登紀!」と思った方。1日1回のワンお登紀をお願いします♪

※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら