ドクロ君ONレコード


という事で作ってみましたMIX CD。
2005年にこの「おもしろWORLD MUSIC」がスタートしてから11月までにUPしたアルバムの中から選曲です。

数日前に簡単にMIX CD発言してしまったものの、意外に考え込んでしまい頭の毛も抜けまくり、ヘアコンタクト「プロピア」にしてしまった程です。

あくまで今まで紹介したアルバムの中からの選曲なので1曲目から最後の曲までの流れは結構強引に繋がってますのでご了承下さい。一応順番にはこだわったので最初の数回はランダム再生ではなく1曲目から順に聴いてもらえたらうれしいです。

収録曲リストは以下です。


 Mila galdera」/ALAITS ETA MAIDER
 1曲目はドPOPチューン。スペインのバスク地方の女の子2人組。
 どこかで聴いたこの曲は「郁恵&美幸のお料理バンバン」のオープニングテーマ。 この曲を使ったスタッフに惚れます。

◆SWEET CHARA」/JITTERIN'JINN
未だに現役のこのバンド。95年に出した『CHICK-A-BIDDY』というアルバムからの1 曲。1,2曲目はアコーディオンPOPの日本VSスペイン対決。

「COTTON-EYED JOE」/THE CHIEFTAINS
アイルランドの生きた伝説THE CHIEFTAINS。カントリー界からのゲストRICKY SKAGGSを迎えた必殺チューン。曲中にメンバーの「フォッ!!」という声も聴こえまして後半アゲアゲの大好きな曲。
録音時のボリュームが低いのが難点。

ぁPOOR FOOL POLKA」/ FOUR MEN & A DOG
このバンドもIRISH。LIVEも数年前見に行ったんですが圧巻でした。テクニックも素晴らしい男4人のド根性IRISH TRAD BAND。この曲はIRISH POLKAなナンバー。この曲で子供もお年寄りもウキウキになれるはず。

ァ.Whirly 3 (remix by Simon Emmerson, James McNally and Mass)」/ Afro Celt Sound System
こちらもアイルランドのバンドですが、IRISH MUSICから飛び出してます。リミックスされてますが生音バキバキです。後半はイーリアンパイプやティンホイッスルが入ってましてどことなくIRISHですが、ROVOなんかに通じるクラブミュージック的なアプローチが楽しめるKILLER TUNE。

ΑMuineira do Incio」/ Quempallou
こちらはスペインのガリシア地方の若手バンド。 ガイタというバグパイプを使ったウキウキ系のTRAD MUSICを奏でまして大穴的なパーティーバンド。こちらもメンバーが曲中にレーザーラモンHGばりに「フォーーー!!」と叫んでましてTRIPもんの癖になるバグパイプチューン。

АMonkey Rag 」/ Asylum Street Spankers
ヨーロッパのIRISH音楽がアメリカに伝わり他の音楽とMIXされ、やがてROCKが生まれた。って事でアメリカROOTS MUSIC代表としてこのバンド。まずボーカルの女性のこの変な声が好き。そしてクラリネットにバンジョー、ウォッシュボードなんていう楽器編成がたまりません。ROOTSでウキウキな1曲。

─MITCH'S SECOND LINE」/ MITCH
アメリカンROOTSでノリノリって言ったらNEW ORLEANS FUNKY SECOND LINE JAZZははずせませんね。日本代表のスーパートランペッターMITCHの秒殺チューン。新宿TRAD JAZZ FESのレポートでもしつこく登場したのはこの人の事。LIVEはこの10倍カッコイイです。

「BEN」/ SPECIAL OTHERS
ノリノリなJAZZY VIBEな日本人つながりって事でこの子らを押しときます。
TRUE PEOPLE CELEBLATIONというFESで適当に見てたら惚れてしまったこのバンド。
基本はインスト。オルガンが気持ちよいROCKINでJAZZYなJAM BAND。一番素敵でKILLERな「BEN」を入れときます。LIVEの時は「あざ〜っす!!」と叫んで下さい。

「LIFE IS WATER」 / SIM REDMOND BAND
レビューしたアルバム『SHINING THROUGH』ではなく『LIFE IS WATER』というアルバムからの1曲「LIFE IS WATER」。SPECIAL OTHERを気に入った人ならこのバンドもHITは必須。泣きの名曲。カリビアンな匂いもプンプンで浮遊感がたまんない気持ちよい1曲。

「Tranquilo」/ MARCELINHO DA LUA (DJ)
アメリカ→カリビアンテイスト→ブラジルの流れって事で。
BOSSA CUCA NOVAの頭脳、DJ MARCELINHOのソロ作品からのREGGAでドラムンベースなKILLER TUNE。このアルバムはMAD PROFFESSORに認められDUB MIXされた程の完成度。

「Sem Terra」/ SKANK
ブラジルでは有名なSKANKのこれまたKILLERでPOPな1曲。
気付く人は気付くと思いますが曲中では意外なゲストボーカルが…
そうMANU CHAO先生が思いっきり歌ってます。こういう発見はうれしいものです。

「Denia」/ MANU CHAO
南米的な音という事で「おもしろWORLD MUSIC」ゴリ押しなMANUから1曲。
『 Esperanza 』からのアコースティックで哀愁漂う泣きの1曲。アルバムによって色が違いますが私は全てのアルバム大好き。

「Jarocho Elegua」/ Quetzal
南米って言ったらメキシコは外せませんね。メキシコ系アメリカ人のチカーノロック代表バンドQuetzalからどこか切ない香りでエスパニョールなスローテンポな泣きメロチューン。
SOULFULLな女性ボーカルとバイオリン、アコースティックなサウンドがはまらせてくれます。

「Cangrejos」 / KARAMELO SANTO
こちらも南米。アルゼンチンの大所帯バンドでSKA,REGGAE、フォルクローレを混ぜてROCKでPUNKなノリでぶっちぎるなかなか完成度の高いバンド。
2005年年末はMANU CHAOの南米ツアーで前座だそうです。

亜Revolucion」/ SERGENT GARCIA
ロックエンエスパニョール代表でフランスのSERGENT GARCIAのゴージャスなREGGAEナンバー。ご察しの通りTHE CLASHのカヴァー。バンド演奏の完成度も高く「フランスのミュージシャンがここまでのやれるのか!!」と驚かされる1曲。
REGGAE以外のLATIN TUNEもかなりカッコよいです。

院屮璽縫殴丱蕁/ 赤犬
最後の曲くらいはね。
いや〜、やっぱバカって素敵です。
大好きです。赤犬。演奏技術はレベル高し!


以上の17曲が収録曲になります。
あまりマニアックな感じにはせずPOPで踊れる感じにはしたつもりです。

CD−Rはこちらで負担します。
送料は着払いでお願いします。
郵便局から送る予定です。
着払いは520円だそうです。もしかしたら九州やら北海道はもう少し高いかもしれません。
郵便局留めも可能なんで正式な郵便局名教えてくれれば住所は不要です。

郵便番号、住所、氏名をメールで下さい。
1回返信した後、適当なタイミングで郵送します。
なかなか来ない人はメールでもBLOG上でも催促して見て下さい。
konpex0311*yahoo.co.jp(*を@に換えて下さい)


また、かなり内容がマニアックなジャンルになりますので下記の使用上の注意を良く読んでご利用下さい。

・心臓疾患、高血圧の方は刺激が強すぎる可能性があるため使用をお控え下さい。
・恋人等と車の中で聴くなんて事は絶対に避けて下さい。確実にフラれます。
・友達などに紹介した場合、それ以降は携帯メールは返信が来なくなり電話しても着信拒否される可能性が高いためなるべく一人で聴きましょう。
・家で聴く場合、なるべく音が外に漏れないようにして下さい。何かの宗教団体と間違われ警察が来る可能性があります。近所の動物や植物も弱り始めるでしょう。
・親にも聴かせてはいけません。縁を切られます。


以上が注意事項です。
特に曲名をプリントした紙などは同封しませんので各自このページからコピペなどを使って曲名リストなどを作ってみて下さい。
せめて簡単な感想をBLOGに書き込んでくれると嬉しいですね。異論反論もOKです。

では、良い音楽生活を送りましょう!!
ランキング参加中です。
クリックしてもらえるとうれしいです。
ランキング参加中です。