IT CAME FROM FROM THE BARN

『It Came from the Barn, Vol. 4』

※amazonで詳細を見る



全世界のRUSTICファンにとってこのコンピはとてもありがたい存在。
ドイツのONE MILLION DOLLER RECORDS発の「IT CAME FROM FROM THE BARN」シリーズの第4弾です。



このジャケ見ただけで「良さそうだ〜。」と思ってしまいますね。
ジャケの「RUSTIC TRAD」の通り、第4段はIRISH系テイストなヨーロッパTRADでまとめてあります。

POGUESなどのIRISH PUNKファンはもちろんRUSTIC好きは必聴!

5つのバンドが数曲ずつ出し合って構成されています。

GREENLAND WHALEFISHERS
このバンドは最近来日したばかりで、それに伴い知名度も一気に上がって来ましたし、音源も手に入れやすくなりました。 出身はノルウェー。 単独音源も聴きましたがナイスな生音IRISHナンバーを聴かせてくれます。 POGUESテイスト満点のバンドです。

THE WHISKEY PRIESTS
アコーディオンの音が目立つバンドでもちろん生音でPOPなPUNKノリで突っ走ります。 メロディーが良いんで聴きやすいです。 結構な活動歴があり10枚くらいアルバム出してます。

REVELLING CROOKS
ドイツのバンドでフィドル、バンジョーが良い音でIRISHではなくヨーロッパのTRADって感じでSKAとかもやります。 単独音源もかなり内容が濃いです。 悲しいメロディーが印象的です。

PRONGHORN
4曲入ってますがカヴァー曲が面白いです。 「オレ〜オレオレオレ〜ウィアザチャ〜プ」のあの曲とか「さる、ゴリラ、チンパンジ〜(一般人〜)」をPOLKAなPUNKでやったりします。 LIVEは盛り上がりそうです。 HAPPY系ですね。

KATKALTA
多分日本です。 1曲のみ収録。 シャガレ声が苦しそうです。 ティンホイッスルが綺麗な音出してます。 写真では男3女4の7人編成。
そのせいかどこか上品に聴こえます。  日本のRUSTIC好きは要チェックです。

このコンピ、私はアナログで買いました。 
最近アナログで売ってるのすら見かけなくなりましたが多分ちょくちょく再発するんでIRISH PUNK好きでDROPKICK MURPHYS、FLOGGING MOLLY辺りしか知らない人は是非チェックしてみて下さい。

CDでも売ってる模様。


ランキング参加してます。
1日1クリック有効。
banner_02


※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※目次ページはこちら