2017年7月16日(日)に行われたSalud!! VOL.31のトモヒロ氏のセットリスト公開です。

1.Steel Band War / Lord Invader & His Calypso Group
トリニダートのカリプソシンガー。カリプソって「暑い日に緩く聴ける心地良い音楽」みたいなイメージ、無くはないですけど、熱い音楽ですよね。








2.Tabu / Perez Prado and His Orquestra
キューバ出身、メキシコに渡って活躍したマンボブームの火付け役。上品な録音が多くてあまり好みではないのですが、このバージョンはザラつきがよいです。








3.Log Dirty Down / Bob Log
デルタブルーズをいけない演りかたで炸裂させてるいけないおっさん。観たことない人はとりあえず観てほしいのです。

↓違う曲ですが







4.びっくり / バクバクドキン
日本が誇る女子2人組ユニット。ワールドミュージックとして、こういう感覚って他にないです。ituneにいれると「HIPHOP」と出ます。
 








5.Ice Cream & Suckers / Soweto Stockvel Septette
アフリカの音楽って全然知らないのですが、これはほんとカッコいいです。今回参加してもらったShochangにいろいろ教えてもらったんですが名盤だそうです。









6.Cero Treinta y Nueve / Alejandro Duran y su Conjunto
コロンビアのバジェナートという音楽とアコーディオンの魅力にハマってしまったきっかけです。








7.Chango / Gina Martin
アフリカをルーツ持つ、キューバのサンテリアという宗教音楽。デカい音で聴きたいためにしょっちゅう持って来てます。1枚通しでかけたい。
 
↓これも違う曲ですが






8.Musungo / Crecencio Camacho y Romansito
コロンビアのビッグバンド。「グアラチャ」というリズムです。このリズムもハマると抜けられませんね。

↓違う曲ですがごめんなさい








9.El Watusi / Ray Barretto y su Orquestra
ニューヨークのコンガ奏者率いる楽団。プエルトリコとアメリカの融合、「ワトゥーシ」です。のちに流行る「ブーガルー」の先駆け的音楽。
 








10.Malanga Amarilla / Cachao y su Ritmo Caliente
こっちはキューバのベース奏者率いる楽団。デカい音で聴きたいためにしょっちゅう持って来てます。1枚通しでかけたい2。









11.Red Tomato / Chin's Calypso Sextet
ジャマイカのレゲエ、スカを遡ると辿り着くメント。バンジョーやルンバボックスなどで演奏されるのですが、なんとも言えないピッチのズレがたまらない。
 








12. Se Fue Mi Amor / Dueto Los Traviesos y Conjunto Norteno
ノルテーニョと呼ばれるメキシコ北部の音楽。バジェナートもそうですが、この音楽も昔は情報伝達として吟遊詩人が町から町へと歩いて歌っていたそうです。









13.Sayonara Complex / Chai
世界3位になるニューエキサイトオンナバンド。カワイイ見た目からは想像できないくらいに強力です。








「「さっきかけてたのロードインベーダーですよね!」なんてお客さんいて、うれしいです、みんな濃くて(笑) おいしい酒飲みながらおいしい音楽を楽しめて、絵まで観れちゃうなんて最高でした。皆様ほんとありがとうございました!」 from トモヒロ







そして、そこのWORLD MUSIC好きあなた!
酒、飲んでますか〜????
サルーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら