こんばんわ。

BLOGの更新の仕方に戸惑っているKONPEXです。

今年こそはBLOGを更新して行こうと、久しぶりに思った年明けでございます。



さて、2015年12月26日に行われた『Salud!!的忘年会』。

2007年5月に初開催したSalud!!の立ち上げメンバーの生き残りは私とIBのみ・・・

今年の5月で丸9年ですか・・・ 
小1も高1になるでしかし・・・


今となっては新潟県長岡市からSalud!!のために東京に来る強者・・・

そんな豪雪地帯の激アツ男IBが、忘年会だっつーのに、わざわざセットリスト提出してきたので公開!

バ、バ、バスン!



『〜北欧の民族的音楽〜
忘年会ということで、普段のSalud!!ではかける機会のない、踊れなくて暗い、北欧の音楽を紹介させていただきました。多くは高校生の頃、夢中になって聞いていた音楽で、公共の場でお客さんとシェアするような音楽ではないです。一回、私の心のルーツにある北欧デスメタルをかけてみたかったのです、すみません。』 
by IB



Sinikka Langeland / Sus i myrull
ノルウェーの音楽家ですが、フィンランドの伝統民族楽器「カンテレ」奏者です。カンテレは琴のような楽器で、北国にふさわしい澄んだ繊細な音色がします。アイヌの「トンコリ」の遠い親戚のような印象も若干あります。ウッドベースとドラム、管楽器のジャズバンドをバックに民族的な音楽を奏でます。流した瞬間、フード担当で、おいしいおでんを煮ていたS子が「これ誰?あたし、暗い音楽が好きなの!」と反応していておかしかったです。



GIRLS OF ANGELI / Skealbma Nieida
北欧フィンランドの北のはずれにラップランドという地域があります。そこには北極圏の民族で、ヨーロッパの先住民である、サーミ人たちが暮らしていて、精霊と交信するために「ヨイク」という音楽で、トランス状態になっていたそうです。そんな「ヨイク」をポップスとして蘇らせたユニットがGIRLS OF ANGELI(アンゲリン・ティトゥット)です。日本の縄文トランスバンド「ラビラビ」に通じるグルーヴがあります。どこの国でもそうですが西洋文明が浸透するに従い、先住民の伝統音楽は虐げられていきます。サーミ人とヨイクも例にもれず虐げられましたが、1994年ノルウェーのリレハンメル冬季オリンピックの開会式でヨイクが歌われ、多くのサーミ人に勇気と希望を与えました。

(参考:開会式の様子です。8:50くらいから歌われます。その後の民謡も凄いです。

東京オリンピックではアイヌと琉球の音楽、瞽女唄なども登場してほしいものです。





HEDNINGARNA / ALKUSANAT
スウェーデンの先鋭的な民族音楽バンド。北欧の音楽に夢中だった高校〜大学の頃に出会ったバンドで、えらい呪術的な音楽に若干の恐怖を覚えた記憶があります。久しぶりに彼らの新譜を買ってみたら、若干ポップになっていましたが、呪術的な雰囲気は衰えません。深い森の中で迷子になった感じがあります。







VARTTINA / Hyva Tyttona Hypata
フィンランドの大御所民謡ポップスバンド。現在は打ち込みなども使用し、エキゾチックながらもポップな音楽になっていますが、90年頃の演奏は伝統楽器のみで行っており、呪術的なチーフタンズといった感じでたまらないです。知らぬ間に呪われてそうな感覚もあります。







AMORPHIS / Weeper On The Shore
フィンランドのデスメタルで、高校生の頃、擦り切れるほど聞きました。メランコリックな民族音楽と、破壊的なデスメタルサウンドが融合し、慟哭の音楽が誕生しました。







AMORPHIS / Black Winter Day
長岡(新潟県)の実家の勉強部屋からは雪が深々と積もる様子がよく見えました。受験勉強で悶々としながら降り積もる雪を眺めるBGMにこのバンドほど会う音楽はありませんでした。「暗い冬の一日」というタイトル、絶叫したい気持ちをデスメタルに代弁してもらい、勉強をしました。




IN FLAMES / Behind Space
スウェーデンのデスメタルバンドで、北欧の音楽にのめり込むきっかけとなりました。堪らなくアンダーグラウンドで、呪術的で、禁断のムードをまき散らしています。





THIN LIZZY / Whisky In The Jar
最後におまけ、北欧ではないのですが、アイルランドの民謡ロックンロール。高校生の頃、ヨーロッパの民謡にはまるきっかけとなったのはアイルランドの民謡からでした。チーフタンズのCDを近所の中古CD屋で500円コーナーで発見し、夢中になりました。そしてアイルランド民謡の要素を持ったロックバンドTHIN LIZZYに出会いました。U2は民謡感が無いのであまり聞きませんでした。





そして、そこのWORLD MUSIC好きあなた!
酒、飲んでますか〜????
サルーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら