2015年9月26日に行われた『Salud!!』Vol.27。 

2007年5月に初開催したSalud!!の立ち上げメンバーの生き残りは私とIBのみ・・・

今となっては新潟県長岡市からSalud!!のために東京に来る強者・・・

そんな豪雪地帯の激アツ男、IBのセットリストが届いたので公開!

バスン!



「細々とDJをやっているのですが、素人なりにも、やっぱりかっこいいプレーをしたいと常々考えています。
しかしDJというものは、基本的に人様の音楽作品を拝借してプレーをする性質上、どうしても海外へレコードを掘りに行く方々などには、物理的に敵わない訳です。
そこで、どうやって勝負するかと考えると、「選曲」の精度、説得力と個性を磨くことしか無いように思えるのです。

ありがたいことに「Salud!!」には音楽をしっかり聴いてくださるお客様が集まるようになり(暴れているだけではないのです)、工夫した選曲をする甲斐があると思っています。
今回は馬喰町バンドの「ゆらぎのグルーヴ」に対抗すべく、アフリカ/カリブを中心に、ゆらぎながら踊れる音楽を選んでみました。
◆銑イ呂△蕕じめ流れを決めていたのですが、酔っぱらっていたことと、客席がかなりケイオスだったので、選曲の精度どころか、相当いい加減になってしまいました。カントリーロードは2回かけた気がします。。
もっと精進します、皆様またよろしくお願いいたします。」
  from IB



)姪膸囲此人榛
馬喰町バンドのゆらぎの音楽に対抗する、日本のポピュラー音楽から、ゆらぎの名曲。(7inch)



YEDENOU ADJAHOUI/DJO MI WA SE
西アフリカのベニン(旧ダホメー)のミュージシャン。ベニンでは銅像も建てられているくらい有名らしい。アフロパーカッションのみのザ・アフリカな演奏が渋すぎる。(7inch)



Kaouding Cissoko/Douwayra Podor
セネガルのコラ奏者。叩きつけるようなハチロク(6/8拍子)のリズムでジャズ的なアンサンブルと、純アフリカ的なコーラスが凄まじい曲。全くDJ向きではありません。



SUPER BITON DE SEGOU/TCHA-TCHO
マリの伝説のバンド。ハチロクのリズムでエチオピア感もあるエキゾチックすぎるメロディーのジャズ。ちなみにこの3〜4曲目を、遊びに来ていたアラゲホンジの齋藤さんが「俺も持ってる!」と反応して、さすがだと思いました。凄いぞ、アラゲホンジ!



Caravana Cubana/Afrekete Suite
アフロキューバンなパーカッションからソンになだれ込む曲。2曲目から、この曲のソン部分までずっとハチロクでゆれました。




AURELIO MARTINES/Landini
富山で開催されているスキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドで来日していたガリフナ音楽の第一人者。スキヤキで見たアコースティックライブが素晴らしすぎて、この曲で涙が出ました。(ちなみに、今回のサルーではこの曲を一番かけたくて用意していたのですが、酔っていて忘れていたかもしれません。一応記載します。。)






Armando de la Trinidad et son orchestre antillais/Cindy
地元新潟でお世話になっている写真家がフランスへ出張に行ったときに、お土産にパリのレコード屋から7インチを買ってきてくれました。上記△函△海譴發修1枚。フレンチカリビアンな極上カリプソ。




┘リビア・ニュートン=ジョン/カントリーロード
ブルーグラス☆ポリスが演奏すると思っていたのですが、しなかったのでかけました。ウェストバージニアに行ったこともないのに、なんでこんなに懐かしい気持ちになるんでしょうか。(7inch)








そして、そこのWORLD MUSIC好きあなた!
酒、飲んでますか〜????
サルーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!





※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら