ブログネタ
WORLD MUSIC に参加中!
Las Orchestas del Dia

『Las Orchestas del Dia』

※amazonで詳細を見る



幼い頃、ウンチを我慢するのが気持ちよくて、わざと我慢して快感を楽しんでいた私。
その名残で高校生の時も我慢して楽しんでいたのですが、食生活が偏り始め、硬いウンチを出した時に肛門が見事に裂けた。
1回裂けると1日1回裂けるわけで、ウンチする度に血だらけ。
肛門に爆弾を抱えた危険な高校生。

やっと治ったと思ったらイボ痔。

では、淡々とレビュー。


QUETZAL(ケッツァル)ファンは注目。

メキシコの極上癒し音楽、Son De Madera (ソン・デ・マデーラ)。

上のジャケは2004年リリースの2ndアルバム『Las Orchestas del Dia』。
日本でも結構話題になってました。


※全曲視聴はこちらから
※Son De MaderaのMYSPACEはこちら


SON DE MADERAQUETZAL(ケッツァル)のツアーに同行したり、PVにも参加したり。

QUETZALのPVには、Son De Maderaの他になんとRAGE AGAINST THE MACHINEのザックも参加しているという。
チカーノつながりなわけです。

ザックも注目の音楽、それがこのSon De Maderaが奏でるハローチョというメキシコの音楽なのです。

ジャケットもいい感じですね。

伝統楽器ハラーナやギターラ・デ・ソン、コントラバボなどという弦楽器を使う4人組のアコースティック楽団。

ROCKとは遠い音ですが、オーガニックで哀愁漂うメロディーがなんともツボに入ります。

アレンジでは電子ピアノの音が入ってるんですが、それがまた感動的。
基本的には電子ピアノの音自体には興味ないのですが、使い方によってここまで心に訴えかける音楽になるという事が感動ですね。

おっちゃんのボーカルと、メンバー内に1人いる女性もパワフルな歌声を聴かせてくれます。

12曲目の「La Bamba」はLOS LOBOSのカヴァーで有名なあの曲。
DRAGON ASHもカヴァーしてた世界中で知られる名曲。
元ネタはメキシコの伝統音楽。

Son De Maderaバージョンは究めてTRADITIONALな曲調で、LOS LOBOSやDRAGONASHのそれとは全く違ったアレンジで、カヴァーだと気付かない人も多いでしょうね。

例えばこういう音楽って、50年代とか60年代とかの録音状態の悪い音源でこの21世紀に残ってたりして、それをCDやらレコード聴くとその音楽自体の素晴らしさを感じる前の録音状態の悪さで敬遠することもあったりするわけで。

そういう意味ではNEOな音質と取っつきやすいPOP感が、結構幅広い音楽ファンを刺激する可能性は高いわけですね。


ROOTS感満点なメキシコ産の大推薦盤であります。



ランキング参加してます。
1日1クリック有効。
banner_02




※LIVE映像




※Son De Madera and Quetzal @ JAT 2004-La Lloroncita




※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら