ブログネタ
■■■FUJI ROCK FESTIVAL■■■ に参加中!
GOGOL BORDELLOの激烈LIVEが終わると時間は夜7時半過ぎ。

振り返ってみると、早いものでこの時点でFUJI ROCK’08も半分が終わったタイミング。

とりあえず興奮状態のままテクテクとボードウォークを歩きます。

ボードウォークは毎年のように神秘的・・・


※去年の動画ですが・・・



しばらくは、GOGOL BORDELLOで味わった変なドキドキを抱えながら、ゆったり酒を飲みます。

バラけていた悪友達もそれぞれいろんな場所で感動を味わっていたようですが、その話はあまり耳に入って来ませんでした。


時間は夜8時過ぎ。
目の前のORANGE COURTではMark Stewart + Maffiaの強烈なDUBが始まっていました。


前の方に行く気力もなく、足も痛いし、酔っぱらってます。

きっと、ADRIAN SHERWOODがMIXしていたはず。

これも出来れば中盤〜後半をじっくり味わいたかったのですが…。



この後のスケジュールの悩みどころは人生初のUNDERWORLDの「Born Slippy」で爆裂ダンシングするか、それともFIELD OF HEAVENでLETTUCEの極上FUNKで踊りまくるかの2択。

まずはLETTUCEを味わいにFIELD OF HEAVENに移動。


FUJI ピッツァピッツァを食べながらLETTUCEを堪能。

ピザーラも久しぶりに食うと美味いですが、そりゃあもう、こっちの方がぜんぜん美味しいです。
山でピザ。


お言葉ですが、ピザじゃなくピッツァです!!

酔いも影響し、恐らく後半に来るであろうアゲアゲFUNKに未練を残しながら、我らAROUND 30 YEARS OLDは「Born Slippy」を選択します。

足の裏は痛いし、酔っぱらって動くのもダルい。
FIELD OF HEAVENからUNDERWORLDのやっているGREEN STAGEまで歩いて30分。

グチグチ言いながら、悪友2人と私は薄暗い山道を歩き続けます。


酔っぱらったコンペックスは勇気を振り絞って悪友2人に話しかけてみます。

コンペックス「UNDERWORLDってもう始まってますよね?」

悪友1 「そうだけど、なにか文句あんのか?」

コンペックス「あの名曲「Born Slippy」がすでに終わってたらどうするんですか??」

悪友2 「終わってたら??」

悪友1&2「終わってたらお前はこうなるぜ!!!!!!!」

服を全て剥ぎ取られ裸になったコンペッックスはチンペックスと化します。

そう!!チーンスリッピーの出来上がり。

チンペックス「終わってなかったらどうするのよ・・・」


って下らないので淡々と進めます。




GREEN STAGEに到着すると真っ暗な空間を極上の4つ打ちビートが会場を包み込んでました。

発光アイテム率も高く、真っ暗な観客席のあらゆる所に蛍光色に光る刀や腕輪やポイなどが動いています。

GREEN STAGEの観客は完全にテクノモードに入っている証拠です。

我々AROUND 30 YEARS OLDの3人組はビール販売ブースの近くに荷物を置き、今か今かと「Born Slippy」を待ちます。

グビグビと濃い焼酎を胃に流し込み、ガンガン酔っぱらいます。

「Born Slippy」が始まる前に既に踊りまくり。

そしてついにその時はやって来ました!!
ここでまた奇跡が!!!


ジラしますぜぇ。

↓↓↓■1クリックよろしくお願いします■↓↓↓


FUJI ROCKベイベーーーーーー!!!!




※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※目次ページはこちら