ブログネタ
JAZZ に参加中!
Nerve

『Nerve』

※amazonで詳細を見る




ノルウェー人の父と日本人の母を持ち、広島県の尾道市で生まれ育つ。
血液型はA型。

そう、これは山本モナの経歴です。

こんばんわ、山本コンペックスです。

そして淡々とレビュー。



今回は大人なJAZZ/FUNK系なJAM BANDのご紹介。

SOULIVEとかサム・キニンジャー(SAX)とかの大人感溢れるJAZZ FUNK系なJAM BAND好きには一歩踏み込んで聴いて欲しい実力派バンド、NEW YORK産のULUというJAM BANDです。

※uluのオフィシャルHPはこちら

※uluのMY SPACEはこちら(音出ます)

上のジャケはHARMONIZED RECORDSよりリリースの2003年発表ノ4thアルバム『Nerve』。







ULU
一聴すれば分かる実力派バンドで、完成度はかなり高し!


JAM BANDはいくつもこのBLOGで取り上げてますが、やっぱりLIVEの生演奏を見ないと100%の感想コメントは出せないというのは事実。

なので、あくまでスタジオ録音盤のこのアルバムの感想です。

耳に切り裂く要に入って来るファンキーなオルガンと、エロいサックスが構築するメロディーの、独特の引力に引き寄せられます。

LOTUSやSound Tribe Sector NineなどのJAM BANDは現代特有なCLUB MUSICとJAZZやFUNKやROCKなどの既存の音楽との融合を試みてますが、このULUはCLASSICなスタイルなJAZZ/FUNK系なJAM BAND。

出した音源の数からしても、そこそこの経験を持つバンド。

今まで共演したアーティストはJohn Scofield, Dirty Dozen Brass Band, Moe., Soulive, The Jazz Mandolin Project, De La Soul, the Allman Brothersのメンバーなどなど。

さてこのアルバム。
SAXのソロとオルガンの音が目立つ感じのインストJAZZ/FUNKが満載。

「大人な音楽」と先に述べたのは、ゆったり部屋で垂れ流しにして聴くのに相応しいという意。

FUNKYさを重視した曲ばかりを詰め込んだおこちゃまアルバムではなく、じっくり楽しむ感じですね。

それでも時折見せる、曲の終盤でのドラマチックな盛り上がり方ってのは「うぉ! LIVEでは盛り上がるんだろうなコレ!」という瞬間も味あわせてくれます。

基本はインストばかりなんですが柔軟な感性でゲストにRAPさせる曲なんかも1曲交えてます。

SPECIAL OTHERSは2枚目のアルバムを出しましたが、どんどんPOPにキャッチーになってきてしまってるんで、そこに付いて行けない大人な方には楽しめるんじゃないでしょうか。

※MY SPACEで数曲視聴でします(音出ます)
↑スーパーマリオのカヴァーとか遊び心あっておもろいですね。






ランキング参加してます。
1日1クリック有効。
banner_02


※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら