ブログネタ
●●●音楽フェス大好き!!●●● に参加中!
OZOMATLIの客席大行進が終了し、お次はSOULIVEです。

SOULIVEはバンド名のごとくSOULのこもったLIVEをやるという意味で、基本的にはインストORGAN JAZZ系のJAM BANDとして世間に知られてます。

でも、最近ボーカリストが4人目のメンバーとして正式加入し、今年出たアルバムから正式に参加してまして、新譜のイメージはSOUL BANDといった感じです。

個人的には初期のインストORGAN JAZZ FUNKが好きだったんで、方向性としては好みから遠ざかってます。

朝霧JAM'07 2日目夕方  
















今回の朝霧JAMでは新譜発売直後という事でボーカルナンバーばかりかと思いきや、意外にも初期のインストチューンも織り交ぜた内容でした。

遠くから聴いてたので100%満喫とまではいきませんでしたが、ボーカルが加わった事で客を煽り、会場を程よく盛り上げ、確実に朝霧JAMに新鮮な風を吹かせてました。

SOULIVEを初めて見て、惚れてしまった朝霧ベイベーも結構いるんではないでしょうか??

2日目という事で疲れも溜まりダラ〜っと過ごしてましたね。
お次はUA。

申し訳ないんですが、全く興味ナシ。
食わず嫌いもあると思うんですが、UAの声は生理的に苦手な声。

という事で同意見の悪友と2人でサブステージに移動。

朝霧'07 KODAMA


















サブステージではKODAMA KAZUFUMIが始まってます。
伝説のJAPANEASE DUB REGGAE BANDであるMUTE BEATのメンバーで、何気に始めてLIVEを体感。

今回はバンド編成ではなく1945 a.k.a KURANAKAという関西のDJとのコラボLIVEです。

低音が心地よいDUB。
ど田舎の野外で聴くってのもなかなかチャンスないですからね。

とは言っても椅子に座りながら酒飲みながら鑑賞。

1945 a.k.a KURANAKAの流すバックトラックにKODAMA氏がトランペットのソロを乗せるというシンプルなスタイルだったんですが、KODAMA氏がマイクを握りカラオケ好きのオヤジのように歌うなんてシーンも味わえました。

やたらとVERY BE CAREFULLを宣伝してるのも意外。

LIVE終了後はステージ前方から帰って来た若いオナゴが「超ヤバかった〜!!」なんてコメントを吐いていたり。


そんなこんなで時間は18:00過ぎ。

サブステージのトリはVERY BE CAREFULL
南米ROOTS MUSICであるCUMBIAを奏でる5人組。
CUMBIAはあのJOE STRUMMERも生前ハマっていた音楽で、こんなバンドが朝霧JAMのトリを務めるというのも粋です。

REGGAEににも似たゆったりビートは揺ら揺らと客を踊らせ、本人達も既に酒を飲んでいるのか「カンパーイ!! ベロンベロン!! グデングデン!!」とかいうMCを連発してました。

CUMBIAのBANDを日本のFESで見れるという事自体がレアですからね。

貴重な体験が出来ました。

メインステージではOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDがやってましたが、何度も見た事ありますし、明らかに2日間のトリには向かないため、素通りして我らの朝霧JAMは終了です。

朝霧JAMは毎年の野外FESの締め的なイベントで今年で4回目の参戦だったわけですが、年々キャンプグッズが充実していき、それに反比例してLIVEを見る時間が減っているという。

どうしても甘えやすいFESなわけですが、今やチケットを取る事自体が難しい大人気なFESなのであります。

まあ、個人的にはFUJI ROCKの方が好きですけど。
「寒い」ってのは辛いっす。



ランキング参加してます、今回も楽しませてもらったぜベイベーと少しでも思った方は1クリックよろしくお願いします
朝霧ベイベーーーーーー!!!!!!



※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※目次ページはこちら