ブログネタ
WORLD MUSIC に参加中!

『Fisherman's Blues』

※amazonで詳細を見る(全曲視聴可能)



これまた、個人的に大好きでたまらないアルバム。
IRISH MUSICの大名盤。
TOSHIBA EMIの「ROCK THE 100」にも選ばれてるほど。

Mike Scottが率いるThe Waterboysの1988年の作品『Fisherman's Blues』。

IRISH、COUNTRY、FOLK、ROCKなどの味付けを泣きのメロディーと完成度の高いアレンジで奏でる素敵すぎるバンド。

マイク・スコット

スコットランド出身のMike ScottがIRISHなどのCELT MUSICに惹かれるのはごく自然な現象でこのアルバムもIRLANDのDUBLINで制作されました。

BOB DYLANとPATTI SMITHに影響を受けたMike Scott。
←がMike Scott。

そう言われてみれば、かなりBOB DYLANぽい曲多いな…。



基本はIRISHなサウンドで、フィドル、アコギ、ピアノ、アコーディオンなどのTRADITIONALな楽器編成で程よいROCK感がとてもツボに入ってきます。

1曲7分オーバーの長作が3曲。
メロディーセンスも良く、何度か聴けば頭に勝手にこびり付く曲も多数。

個人的には7曲目の「And A Bang On The Ear」がどうにもこうにもハマりました。
酒飲みながら何回聴いた事か…

TRAD SONGのカヴァーもやりますし、VAN MORRISONのカヴァーもやります。
しかもVAN MORRISONのカヴァーである4曲目の「World Party」の曲の後半ではBEATLESの「BLACKBIRD」のフレーズを挿入するなんていう憎い演出も。

IRISH MUSIC聴く人ならご存知のSharon Shannon(シャロン・シャノン)もこのバンドに参加してた事もありますし、このアルバムではクレジットはされてないもののFUJI ROCKにも参加歴もあるHOTHOUSE FLOWERSLiam O'Maonlai(リアム・オ・メンリィ)も参加してるんだとか。

POGUES聴くならThe Waterboysも聴けますぜ。
IRISH MUSICファンのマストな必聴盤!



※このアルバムの収録曲「Fisherman's Blues 」のスタジオLIVE映像




※Sharon ShannonとのコラボLIVE(おっとこの曲のオープニングはBOTHY BANDもFLOGGING MOLLYもやってるTRADやね)



ランキング参加してます。
1日1クリック有効。
banner_02


※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※目次ページはこちら