ラテン音楽パラダイス


これまた良い本見つけました!
最近出たものではないみたいですが。
講談社プラスアルファ文庫の『ラテン音楽パラダイス』
文庫本です。
竹村 淳さんという方が著者です。


内容は以下。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
出版社/著者からの内容紹介心と体が熱くなり、魂は癒される!
名DJからの贈り物!!

NHK-FMで中南米音楽DJ歴22年の著者が、サルサからレゲエ、タンゴ、そしてフォルクローレまで、人生を歌いあげるラテン音楽の魅力をていねいに紹介。

人気絶頂のエンリケ・イグレシアスや、リッキー・マーティン、ボサノーヴァの小野リサ、かのブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ、天才アストル・ピアソラ……そうそうたるミュージシャンたち。
世界の最先端の音楽シーンを賑わすラテン音楽は、長い年月をかけて混血をくり返し、進化してきた民族音楽だった! 歴代の名演を心に刻んできた著者が、ラテン音楽の魅力をあますところなく紹介。涙する名曲から最新のポップスまで、厳選のCDガイド付き。


第1章 音楽大国キューバ―伝統音楽を今に甦らせたアダルベルト・アルバレス
第2章 ラテン音楽基地ニューヨーク―ラテンアメリカ人のるつぼ、バリオから世界へ
第3章 進化するカリブ音楽―多国籍アイランズの多彩なサウンズ
第4章 ボサ・ノーヴァだけじゃないブラジル―伝統と多様さを誇る南米最大の国の音楽
第5章 民のうたフォルクローレ―「美しい夢」に昇華された民衆のこころ
第6章 さまざまな思いがこもるヌエバ・カンシオーン―ひとは歌で闘えるか?
第7章 一世を風靡したメキシカン・ラテン―トリオ・ロス・パンチョスよ、もう一度
第8章 タンゴ・アルヘンティーノの光と影―場末のダンス音楽からポルテーニョの音楽へ
第9章 伝統のある音楽が素晴らしい―結びにかえて

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

歴史から楽器の図までありまして永久保存版的な1冊です。
値段も安いしLATIN音楽ファンはチェックです。

ランキング参加中です。
あなたの1日1回のクリックが欲しい。 順位が上がります♪