『MUSICIANS OF IRELAND(V・A)』


今回はIRISH系コンピ
『MUSICIANS OF IRELAND』を紹介します。



IRISHを聴き始めて間もない頃、家でCDやレコードを聴く事はもちろん夢中で、「こんなのもあるんだぁ。これもIRISHかぁ。」なんて感動を味わっていました。

結構、テレビでも効果音として流れたりするのでどこかしらで今まで耳にした事のあるIRISH。 そんな時期に何気なく無印良品で買い物していると衝撃が!

なんと店で流れているBGMが明らかにIRISHなんです。かと言っても聴いている事しか出来ずその日は帰りました。

しばらく経ってまた別の場所の無印でもIRISHのBGMが。 
これはもうMUJIはIRISHに注目してるってのが決定的でした。 
ちなみにIRISH以外でもアコーディオンのインストとかIRELAND意外のヨーロッパのTRADとかその他WORLD MUSICで「お!」と思うようなBGMがかかってる事が多いんです。

今度MUJIに行った時ちょっとその辺を意識してみて下さい。
結構、面白いですよ。


その後、MUJIはワーナーと組んでコンピを出してます2004年発売です。
それが上のジャケ『MUSICIANS OF IRELAND』です。
CD屋に売ってます。

ヒーリング的な感じなんでやかましくなくオシャレな感じに仕上がってます。
BOSSA NOVAっぽい捕らえ方で良いんじゃないでしょうか?
中身は現役のMUSICIANです。


またMUJIでのみ販売しているBGMをコンパイルしたCDも数種類あります。 
視聴もできます。こちらから。


ショップのBGMはセンスの問われるポイントの一つですがMUJIのコンセプトとHEARING WORLD MUSICは合ってますね。

WORLD MUSIC入門編としてはもってこいです。 

最後まで読んで頂きありがとうございました。ランキング参加してます。こちらをクリック。