池袋ウエストゲートパーク Classic Edition


最近出たクラシックのコンピです。


ただのコンピではなく池袋ウェストゲートパークの原作である石田衣良氏が完全監修したもので原作に出てくるクラシック/現代音楽をコンパイルしたものです。


ドラマも面白かったですし、池袋での撮影現場に何度も遭遇しました。  「またか。」って感じで普通に通り過ぎた程です。  長瀬君はかなりカッコイイ男でしたね。



石田衣良

「真剣10代しゃべり場」では飽き足らずこんな事までやってしまってます。


実際にドラマで流れた曲も入ってました。

曲名リストは↓です。




1.弦楽セレナード~第1楽章(チャイコフスキー)
2.春の祭典~春のきざしと乙女たちの踊り/誘拐の遊び/春のロンド(ストラヴィ ンスキー)
3.亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
4.弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」~第2楽章(シューベルト)
5.弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」~第4楽章(シューベルト)
6.弦楽セレナード~第3楽章(チャイコフスキー)
7.鳥のカタログ~キガシラコウライウグイス(メシアン)
8.十字架上の七つの言葉~ソナタ/ラルゴ 父よ,かれらをおゆるしください。か れらはなにをしているかを知らないからです(ハイドン)
9.18人の音楽家のための音楽~Section 3(A/B)(ライヒ)
10.マタイ受難曲~アリア:わが心よ,おのれを潔めよ(J.S.バッハ)



このCDの宣伝をかねて某男性ファッション誌でインタビューを受けてましてなかなか良い事言ってました。
すごく略しますと「HIP HOPやROCKと同じ土俵にクラシックを置いて一つの音楽として聴いて欲しい。格好つけるだけの狭い視野でなく音楽を聴いて欲しい。」との事。  

たしかにHIP HOP好きだからHIP HOPファッションに身を包みアンチROCK!とか言うより、HIP HOP聴いてそうなんだけど実はJAZZが好きとかの方が意外にカッコイイとは思いますね。  

ホーンはたくさんいますし曲によって激しかったり癒し系だったりするので、たまには金持ち音楽クラシックをコーヒー飲みながらゆっくりとなんて良いんじゃないでしょうか?


最後まで読んで頂きありがとうございました。ランキング参加してます。こちらをクリック。