サイドショー
アサイラム・ストリート・スパンカーズ
Buffalo Records
2003-04-23






テキサスはオースティンで出会った老若男女の大編成バンド、Asylum Street Spankers(アサイラム・ストリート・スパンカーズ)。

その音楽性は戦前のジャズブルースヒルビリーカントリーフォークスウィングなど多彩で、あくまで生音、ストリート感覚の音をはじき出す。

1996年にファーストアルバム『Spanks For The Memories』をリリース。

メンバーはほぼ10人で、中心になるのはヴォーカル、ハーモニカ、ウォッシュボードなどを担当するワモと、ヴォーカル、テナー・ギター、ウクレレにミュージカル・ソウなどもこなす紅一点クリスティナ・マース。

上のジャケットは『SIDESHOW』というアルバムです。
※一部試聴はこちらのページ


スパンカーズ

このバンドを知ったのはレコードショップの視聴でした。 
1曲目を聴いた瞬間に即決でしたね。 

このアルバムは国内オリジナル編集版だそうです。

売れ行きも良いみたいですね。
メロディーも良いし、この古臭さがかなりお洒落。


何と言っても楽器編成。 
バンジョー、マンドリン、スライドギター、スラップベース、ウォッシュボード、クラリネット、ウクレレなど。
個人的にこういうのに弱いです。  
ボーカルの女性の声もかなりツボです。


一言で言うと「楽しく踊れる渋系音楽」。 

現在進行形のバンドなんで音も鮮明でかなりPOPでウキウキ系。

2006年に来日した時のOPENING ACTはEGO WRAPPINというのも何となく納得。

レーベルはBAFFALO RECORDSで、このレーベルは良いバンドたくさんいます。
JAM系、JAZZ系、ROCK系と様々で、非常に信用できるレーベルなので情報収集に役に立っております。

私もふと気付いた時にはBAFFALOというシールが貼ったCDジャケが結構な数有りました。
 
The String Cheese IncidentKeller Williamsmoe.なんかはフジロックにも出ました。 

ぜひAsylum Street Spankers も呼んで欲しいですね〜。

RUSTIC好きからJAZZ好きまでに幅広くHITする事間違いなし。





ランキング参加中。
たまにはクリックしてって下さいませ。
banner_02





※本アルバム1曲目に収録「Monkey Rag」(LIVE)



※本アルバム2曲目に収録「Beer」(LIVE)




※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら