おもしろWORLD MUSIC

ROCK・PUNKリスナー出身がイカしたWORLD MUSICを幅広く紹介。IRISH,CELT,LATIN,JAMAICAなどなど。プチWORLD MUSIC辞典を目指します!! サイトマップはこちら!!

渋谷で軽く友達と飲む! 
でも音楽が欲しい! 
クラブOPENまではもうちょっと!

そんな時に軽く行ける飲み屋です。 
はなこ

「喰べ物や 花子」「花子っ子」。
姉妹店です。 
ボリュームはそんなに大きくないんですが、ルーツなREGGAEがかかったりします。 
ここは料理が上手いですね。 
生グレープフルーツサワーは店員が目の前で絞ってくれるんですが、こっちが緊張しちゃいます。 

センター街にあるんで駅からも近いです。 
値段もバーに行くよりは安いです。
焼酎とかもあるし、良い店です。  
私は「花子っ子」の方によく行きます。 


※酒場BLOG「酒場CALLING」開始!



ランキング参加中。
たまにはクリックしてって下さいませ。
banner_02




※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら

ESQUIRE
 
前回投稿したRELAX。
ついでにもう一冊。
毎月24日発売の「ESQUIRE」 (螢┘好ァイヤジャパン)。
これは特集によってはちょくちょく買ってます。 沖縄特集とか世界のビール特集とか面白い特集組まれます。
左は去年の末に出たもの。 LATEN音楽特集です。 知ってるアーティストも知らないアーティストもいますが、他の音楽誌とは違いきれいな写真とその音楽を取り巻く環境、背景なども語られ内容が濃いです。 雑誌としてではなくて読みのもとして、永久保存版として持てる雑誌です。

大きい本屋ならバックナンバーありますし。ネットや出版社に注文すれば買えます。 

チェケラ〜!

RELAX

毎月6日発売。 RELAX(マガジンハウス)という雑誌です。
基本的に紙質と写真が好きです。 
今売ってる最新号が音楽(楽器)ネタで良い感じです。
男性ファッション誌コーナーあたりにあります。

FUJI ROCK参戦決定のBECK様が巻頭インタビューです。
私服姿がかっこいいです。
アートリンゼイと小山田圭吾の対談とかTICOとか山本ムーグとかピックアップしてるアーティストがいい感じです。 
今が熱いカンニング竹山、アンガールズも出てるよん!!
話は外れますがアンガールズのDVDが某CDショップで流れてて、しばらく見てたんですが笑いをこらえるのが大変でした。 基本的にはキモいんですが
おもろいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
talks with beck
ベック
playing with
楽器を演奏しましょう
 相武紗季&小橋琢人、カンニング竹山&松崎桃子、豊明日美、小野リサ、DOKAKA、山川冬樹、Dr.kyOn、森本アリ、安斎肇、アンガールズ&山本ムーグ、矢野沙織、ASA-CHANG、山口とも、桜井秀俊、金剛地武志、TICO、住宅正人&BEST MUSIC

visiting studio
スタジオ訪問
 Tortoise、キセル、亀井広忠、TUCKER、Matthew Herbert、ZAZEN BOYS、イルリメ&ECD

talks with arto lindsay & cornelius
アート・リンゼイとコーネリアス

渋さ
3月12日(土) 「沖縄から平和をひらくコンサート」

出演: 寿[Kotobuki]エレクトリックバンド編成(Ba/三輪雅也)(Dr/横瀬卓哉)
ソウルフラワーモノノケサミット渋さ知らズオーケストラopen15:30/start16:00前売り3000/当日3500

場所:上野水上音楽堂(不忍池)

これ、行ってきました。 いや〜感動です。
基本的には平和を訴えるイベントなんですが、私は結構後ろの席だったため主催者の訴えが聞き取れませんでした。しかし、まあ何となく趣旨は伝わった気がするんで素直にイベントを楽しみましたよ。
当日は、昼間は暖かかったものの夕方からは風もあったせいかとても凍える環境での野外イベントでした。日比谷野外音楽堂に近い作りで後ろのほうでは雑貨や沖縄の食べ物などが売られていてとても良いイベントでした。
ホームレスの方が「BIG ISSUE」のバックナンバーを販売してたりもしてました。

トップバッターはいきなり渋さ!! 演奏時間は軽く1時間以上あるにも関わらず5曲程度。 要するに1曲が長いわけです。 1曲の1/5位がキャッチーなサビで残りは即興です。 セクシーダンサー、着物来た女の子、リオのサンバの格好したギャル、前身白塗りの劇団員、ふんどし兄ちゃん、客席に降りてきてブラスバンド的な行進するホーン。とにかくエンターテイメントでした。
最後はしっかり「本田工務店のテーマ」で締め。 やっぱCDじゃないっすよ渋さは!  下で先日紹介した「渋旗」の曲も2曲ほどやってました。

2番手は寿、知りませんでしたが沖縄テイストのロックバンドです。
ボーカルはPUSHINに若干似てる声です。「上を向いて歩こう」のカバーとかやってて良い感じでした。

3番手。ソウルフラワーモノノケサミット。 まさにチンドンでした。
私は都内で営業してるため町を練り歩く事が多いんですけど、最近いるんですチンドンヤ。 日本の文化っすね。 クラリネット、サックスとかが上手くて結構見入ってしまう事もしばしば。 チンドン太鼓に三味線、アコーディオン。 ジャパニーズトラッドですね。 面白かったです。 ソウルフラワーユニオン自体がいろんな音楽をやるんで好きなんですがモノノケも楽しいです。
ミミガー
とにかく寒かったんでビールの後は泡盛のお湯割り! つまみはミミガーチップ。 これがなかなかイケます。ちょっと探して仕入れたいですわ。
若い子も多く、耳をすますと「朝霧が…」とか「フジロックが…」とか聞こえて来ましたね。 どこからともなくお香の香りも…。

まあとにかく良いイベントでした。 
渋さ終わってすぐ帰るヤツはどうかと思うけど。

またあったら行きたいっす。

バオバブ









新宿で飲むときどこで飲みますか?  
歌舞伎町のつぼ八?
東口近くの銀座ライオン?
ガード下の焼き鳥通り?

3丁目まで行きましょう! 素敵な飲み屋がたくさんありますよ。
ブルース、オルガンジャス、ロックンロールなどなど。

今回はBaoBabのご紹介。
どん底って言う有名な飲み屋の斜め前にあります。 

アフリカンソウルバーだそうです。 私は2回程行きました。
居心地は良いです。
ブースもあるんで貸しきりのイベントも出来ます。
アフリカのビールとか飲めちゃいますよ。 
料理も美味い!
って適当なこと言ってますがだいたい3,4件目で入ってるんで酔っ払ってます。
でも、そこで初めて「ナイナイサイズ」オープニングテーマがカーティスメイフィールドと教わって、ソッコーレンタルしました。

NOWなブラックミュージックではないですが古いのに興味あったら行くべし!

※酒場BLOG「酒場CALLING」開始!



ランキング参加中。
たまにはクリックしてって下さいませ。
banner_02




※TOPページはこちら
※このBLOGについてはこちら
※サイトマップはこちら

MITCH








管楽器の音。 
その中で一番すきなのがテナーサックスだと思っていたのがこの人のせいでトランペットも最高!ってなってしまいました。

日本代表のニューオリンズ魂を習得したスーパートランペッターであるMITCHです。

上のジャケは唯一の単独音源『MITCH'S SECOND LINE』。


渋旗

『渋旗(Shibu Hata)』

amazonで詳細を見る





すいません。 
ワタクシそんなにJAZZには詳しくないです。

が! 好きなスタイル、バンドはいくつかあります。
今回は渋さ知らズオーケストラです。
まあJAZZで片付けられるレベルではありませんが・・・。

上のジャケは『渋旗』というアルバムで、ライブでも定番の曲がたくさん入ってます。




Tannahill Weavers Collection: Choice Cuts 1987-1996

そんなこんなでバグパイプの入ったノリノリなトラッドバンドを紹介します。
TANNAHILL WEAVERSというバンドです。

79年にデビュー…そうですオッサンバンドです。なんと言ってもバグパイプの音です。曲によって種類を変えているんで思う存分バグパイプの音を楽しめます。

バグパイプ
この楽器。バグパイプです。生でこの楽器の音を聴いてみた事はありません。いつもだいたいCD、もしくは映像です。 私はこの楽器の音が大好きでたまりません。なんとなく好きだな〜と思ったのは幼い時、きっかけは多分テレビだと思います。 音楽を聴き始めた当初はガーガーなギター音、ぶんぶんベース音、ドカドカドラム音、そしてメロディーとVO。それが命だったのですが…。

ラウド系バンドKORNのPVで曲名は忘れましたが、VOのジョナサンが曲の始めにバグパイプを吹いていたのに衝撃を受けました。ドレッドにADIDASのジャージにバグパイプ。
もともとRANCID好きな私はもちろんDROPKICK MURPHYSはハマりましたね。

そんな流れでバグパイプの入ってる音源を掘る結果に至ったのです。

バグパイプ。スコットランドの楽器でスカート穿いて行進するための楽器だと思われがちですが古くからヨーロッパ全土、一部のアフリカやアジア、ニュージーランド、カナダなどの広い範囲で愛される楽器なのです。9.11のテロの追悼パレードでもバグパイプバンドが行進してましたね。アイルランドではイーリアンパイプ、スペインやフランスではガイタと言う楽器がありますが、バグパイプの仲間です。 どれも良い音ですが、やっぱバグパイプが個人的には好きですね。 やってみたいです。 東京の国立市に工房があります。 欲しい人は買ってみて下さい…って買わないよな。

つづく…


Los Carayos

※amazonで詳細を見る


MANO NEGRAのリーダーMANU CHAOが昔やっていたバンドLOS CARAYOSです。

※MANU CHAOについてはこちら 

このバンドは良い!!
最高です!!
大好き!!

MANU CHAOはMANO NEGRAの前にはLOS CARAYOSHOT PANTSというバンドにいました。
掛け持ちだったのか、それとも渡り歩いたのかはわかりませんが・・・
 
その後、LOS CARAYOSHOT PANTSのメンバーが合体してMANO NEGRAになったんだとか。

LOS CARAYOSは2枚アナログで持ってます。 
ちなみに上のジャケは2in1のCDです。
amazonに売ってるなんてラッキーですね。

アナログ持っていながらCDも買ってしまいました・・・


Radio Bemba Sound System

『Radio Bemba Sound System』

※amazonで詳細を見る





1980年代後半から90年代前半に世界を熱狂さえた伝説のバンドであるフランスのミクスチャーバンドNANO NEGRA
そのMANO NEGRAでボーカルを担当していたが、現役REBEL MUSICのカリスマMANU CHAO (マヌ・チャオ)なのである。

1961年生まれ、本名はJose-Manuel Thomas Arthur Chao。

バスク人とガリシア人の血を引くパリ生まれのフランス人。

私がもっとも好きなアーティストの1人で、WORLD MUSICに興味を持つようになったのはこのMANU CHAOがキッカケと言っても過言ではありません。

このBLOGの原点的アーティストです。

※MANU CHAOのオフィシャルHPはこちら 



アルティメイト・ベスト

『アルティメイト・ベスト』

※amazonで詳細を見る



その昔、仕事先の一つ下の同僚がなかなか音楽好きなヤツでしかも結構趣味の方向も似てるヤツがいまして、彼は日本のRUSTICバンドが好きで、中でもスターキーズと言う和製RUSTICバンドのファンらしく、私もそれがきっかけで聴いてみると確かにかっこ良かったのです。

そんなお礼に「ラスってるのが好きならPOGUES(ポーグス)はHITするはず!」と思ってCD−Rに焼いて渡すと数日後「ポギーズ最高っす!」と言われて笑ってしまいました。

このBLOGの基本となるバンド、POGUES(ポーグス)。

IRISH TRAD MUSIC(REELやJIG)をPUNKとミックスしたROCK界の伝説的なバンド。

上のジャケはおいしいとこ取りのBEST ALBUM。


ロスロボス
第2弾は Beck / クレイジーケンバンド / Eddi Reader / Foo Fighters / Los Lobos / The Magic Numbers だそうです。

すいません。Eddi ReaderとThe Magic Numbersは知りません。有名なんでしょうね。 BECK、FOO FIGHTERS、クレイジーケンバンド…時間があったら見てみようかなって感じです。
GREEN STAGEで「プチッ チュ〜カフェプレッソ〜♪フジロック、イ〜〜ネッ!!」とかやっちゃうんだろうな。 盛り上がりそう。

私はやはりLOS LOBOSです。メンバーはオッサンです。去年の朝霧にも出てたし単独公演でも来てました。メキシコ系アメリカ人のグループで活動歴は20年以上。 メキシコのルーツを忘れずにロックと融合して行く音楽性に惚れます。 80年代に「ラ・バンバ」と言うメキシコ民謡のカバーをHITさせてます。日本でもHIT。昔、「天才たけしの元気の出るテレビ」でこの曲をパクって「バナナナンバナンバ〜♪」とかやってたのを思い出します。 聞けば誰でも分かるはずです。 メキシコ系だけにTEX MEXを奏でます。 これはとても踊れるジャンルでSKAっぽいリズムにアコーディオンがマッチしてとても楽しい音楽。 夕方のORANGE COURTで見たいです! 

お勧めアルバムは「How Will the Wolf Survive?」です。 

フジ
今年もいよいよフジロックが近づいて来ました。と言ってもまだ半年近くあるが…。
3日間通しで行ったのは去年が初めてでしたがやはり1日日帰りで行くのと3日間音楽に漬かりっぱなしじゃあ全然違いますね。3日間行って帰って来ると頭がしばらく現実の世界に対応しませんもん。とくに去年は通し券のみの販売って事で入場者も少なめで動きやすかった気がします。(相変わらずトイレが行列ですが…)

さて今年のメンツ。人それぞれHITが違うだろうけど、私はPOGUES!!
アイリッシュ好きにとってはたまらないキャスティングでしょう。
DROPKICK MURPHYSが2回出てるんで次はFLOOGING MOLLYあたりが来るのか?
それともアイルランドの本場のTRADなバンドを小さいステージに呼んじゃうのか?などと勝手に想像してたけどまさかPOGUESとは!かなり楽しみです。
その他もSOIL&PIMP SESSIONSやらYOUR SONG IS GOODやらHITがいくつか…。

今後の発表も楽しみです。頼むよ日高さん!!

ご訪問ありがとうございます。

この「おもしろWORLD MUSIC」は私独自のセンスでピックアップした世界中の音楽を簡単に紹介するBlogです。
なるべくメジャー路線は避け、B級C級の情報が少ないアーティストを取り上げたいと思ってますんで、お役に立てれば嬉しいです。