おもしろWORLD MUSIC

ROCK・PUNKリスナー出身がイカしたWORLD MUSICを幅広く紹介。IRISH,CELT,LATIN,JAMAICAなどなど。プチWORLD MUSIC辞典を目指します!! サイトマップはこちら!!

さてさて、ここ最近は今年の夏に開催される野外FESの出演アーティストがあちらこちらで発表されていて音楽好きな人々はとても盛り上がってるようです。

私もFUJI ROCKはもうチケットも宿も押さえ後は仕事を休むだけって感じです。

だがしかし! 夏までにまだいくつか楽しいイベントが控えております。
そのうちの一つが新宿 春の楽しいJAZZ祭りです。


2トーン・ストーリー―スペシャルズ~炎に包まれたポスト・パンク・ジェネレーション

つい最近、音楽系出版社シンコーミュージックから出た書籍です。
SPECIALSに関しての事や、彼らを取り巻く出来事を書き綴っている本で、「SKAといえばやっぱSPECIALSでしょ〜。」なんていう軽い物ではなく当時のイギリスでの社会情勢や政治体制、思想などの事までを一冊の本にまとめてあります。

リーダージェリー・ダマーズの本気な姿勢や他のバンドとの関係性、また頻繁に見れない写真等が掲載されていたりと、SPECIALS好きなら読んでみる価値ありです。

SELECTERMADNESSBAD MANNERSTHE BEATなどの面々も登場し、SPECIALSとどう絡んだかなどの興味深い内容もあります。

今年のサマーソニックではSPECIAL BEATが参戦なんてのが話題になってるようですがSPECIAL BEATにはテリー・ホールジェリー・ダマーズもいないんです。  


本の内容的にはちょっと難しいですが・・・。



★音楽Blogランキング参加してます。
マニアックな事に25位まで上がってしまいました。 
投票はこちらから。★



今回もSKAバンドです。
1994年に結成されたバンドNew York Ska-Jazz Ensembleです。
このバンドもただ単にクラシックなSKAを演奏するのではなくバンド名からもお分かりの通りJAZZ寄りの音を出すかなりカッコよいバンドです。

私は3枚アナログで所持してます。

New York Jazz Ensemble

まず上がデビューアルバムの『New York Jazz Ensemble』
SKAのBEATがかなり早く、激しめがお好きな人にはHITですね。

SKAバンドってオリジナルSKAを追求して、例えば一発録音だったり、SKATALITESなどのカヴァーをやったりROCK STEADYCARYPSOをやってみたりってのがありますが、このバンドはJAZZYなテイストを貫き通し、渋く高速で突っ走り、尚且つ大人な感じなバンドです。

SKA好きはもちろんのことJAZZ好きやBRASS ROCK好き、PUNK好きも楽しめるバンドです。


この1stアルバムにはゲストでな、な、なんとSKATALITESTOMMY MCCOOKがSAX吹いちゃってます。
これだけでSKAファンはMUSTなバンドですね。


『At Version City』

※amazonで詳細を見る




NEW YORKのSKAを語る上では絶対に外せないバンドです。
SKA好きならほとんどの人が通る道。
STUBBORN ALLSTARSです。

60年代のJAMMAICAN SKAを聞くならレコ屋やガイド本見てレコード買って、コンピ買って幅広げて、ハマった人はプレミアレコード買ってってな流れなんだろうけど、世界にはリアルタイムでナイスなSKAを奏でるイカしたSKAバンドは数え切れないほどいるわけです。

どうしても日本のバンドに注目しがちですが、一歩前進して海外のSKAバンドを聴いてみましょう。

さて今回のSTUBBORN ALLSTARS。 
最近はソロのベストアルバムを出したKING DJANGOがやっていたSKAバンドです。 
STUBBORN ALLSTARSの他にもBOILERSSKINNER BOXなどのバンドに参加していました。 
TOASTERSとともに重要なアーティストです。


KING DJANGO


←の左がKING DJANGOで右はLEE PERRY
PUNKサイドのバンドとも絡みMURPHY'S LOWでトロンボーンを吹いたり、RANCIDのバックバンドにも参加するSKAおじさんです。


ソロ作品はRANCIDのレーベルHELLCATから出したりもしたそうです。

Karamelo Santo 



『Haciendo Bulla』






このブログが出来てから何度か出てきた言葉「ロックエンエスパニョール」=ラテン語圏のロック。 
ちょっと注目してるわけです。

今回は以前取り上げたLATEN MIXTURE ROCKなコンピ『MUNDO MESTIZO』に参加してるKaramelo Santo(カラメロ・サント)です。

上のジャケは2004年リリースの『Haciendo Bulla』。


アルゼンチンのバンドで結成して10年以上の活動歴があり、結構な数のアルバムを出しているそこそこキャリアのあるバンドです。

イタリアのBANDA BASOTTIと比較されるバンドで、SKAPUNKはもちろん、フォルクローレを取り込んだサウンドでアゲアゲMUSICを爆発させてます。

フォルクローレ先日、町を歩いているとストリートライブに遭遇しました。

結構、この手の人たちはいたる所でストリートライブやってますね。
南米アンデスの先住民が起源の音楽フォルクローレです。

正確に言うならフォルクローレとは民間伝承音楽全体を指す言葉だそうでアンデス限定を指す言葉ではないそうです。


日本人ならテレビなどで耳にする事が多いんじゃないでしょうか?
サイモン&ガーファンクルが70年代にカヴァーした「コンドルは飛んでいく」とかですね。

サンポーニャ
←のサンポーニャという笛を使い、小さなアコギのチャランゴや大太鼓のような打楽器などを使って4〜6人程度で組むのが一般的なフォルクローレバンドだそうです。



こんな音楽を専門に聴く日本人ってのはなかなかいないとは思いますが、嫌いな音ではなくないですか?  
むしろ「コンドルは飛んでいく」なんかは「良い曲だな〜。」なんて思った人も多いと思います。


え〜、私、一枚だけフォルクローレのオムニバスレコード買った事があります。  アタウアルパ・ユパンキっていうアルゼンチンの有名な音楽家がいてその人の曲も入っていた中古レコードだったんですけどね。
勉強です、はい。


★音楽Blogランキング参加してます。 面白いBlogも盛りだくさんです。こちらから。★





Beans & Bullshit

バンジョーPNUKバンドのご紹介。

ドイツのONE MILLION DOLLAR RECORDSというRUSTIC系の音源を専門に出しているレーベルから出ているバンドです。 

RUSTICは簡単に言うと古い時代の音楽や世界中のTRAD MISICをアナログ楽器をメインにPUNKなノリで奏でる音楽で以前紹介したLOS RANCHEROSとかLOS CARAYOSとかが当てはまります。 バンドによって主とするジャンルが全然違ったりするのですが、IRISH・SKA・ROCKABILLYなどのテイストのバンドが多いです。

このDIXIE GUNWORKSはRUSTICの中でも通称COW PUNKと言います。 語源ははっきりわかりませんがメンバーの格好や音を聴けばなんとなくわかります。 
COWって牝牛ですよね?  さらにテンガロン被ってバンジョー早弾きにパチパチスラップベース。 田舎PUNKってなところでしょうかね。

フジ


第4弾発表してました!

MADLIB / THE SKA-FLAMES /Asian Dub Foundation / クラムボン / Leyona / My Morning Jacket / Ryan Adams / VITALIC/あふりらんぽ / BOOM BOOM SATELLITES / The Futureheads / GONTITI / The John Butler Trio / Mylo / Sherbets / SOUL FLOWER UNION


GONTITIって!!  ニクイねSMASHさん。

あと4,5回発表あんのかな?

アガるね〜。

★音楽Blogランキング参加してます。 面白いBlogも盛りだくさんです。こちらから。★


IRISHなんだけど、ROCK。 ROCKなんだけどやさしい音。  POGUES系のフォークバンドSAW DOCTORSのご紹介。


All the Way from Tuam


このアルバムは2ndで、基本的にはIRISHフォークROCKなバンドですね。
アコギ・アコーディオンなどの楽器がやさし響きを作り上げています。
POGUESをもっとフォークなROCKにした感じです。
POGUES好きなら聴けますね。  楽器編成も似てますし。

KARPATT
フランスのトリオバンドのKARPATTのご紹介です。 左は『A L'Ombre Du Ficus』という日本で手に入るアルバムです。本国フランスではもっと音源を出してると思われます。

CDの帯には「マヌーシュ・ジプシースウィングMEETSシャンソン」と明記されてます。 興味有り有りですね。 
ジプシーキングスPOGUES系MANU CHAOの最新アルバムが好きならHITするはずです。


ジム・クウェスキン&ザ・ジャグ・バンド

今回はアメリカのROOTSな音楽、JUGバンド代表JIM KWESKIN & THE JUG BANDのご紹介。
JAZZじゃありません。 JUGです。

JUGとは、一般的にはケンタッキー州ルイヴィルで1920年代に生まれた黒人の音楽と言われています。 フィドル(ヴァイオリン)、アコギあたりを使用しますが中心となるのは生活雑貨です。 大きなビンに息を吹き込んでベースやチューバのような音を出す。これをJUGという事からJUGバンドと言われるようになったそうです。  

この他にも洗濯板をパーカッション代わりに使ったり、タライに棒とロープを通して即席ウッドベースにしたり、と今じゃ考えられない楽器を使っています。 究極の生音バンドですね。また洗濯板を使う事でJUGバンドはウォッシュボード・バンドとも言われたそうです。
 

Quempallouスペインの北西部のガリシア地方という場所のバンドです。 どうやら結構若いようですね。 
Quempallouです。 読み方は「ケンパリョウ」です。

バグパイプの入った踊れるMUSICを奏でるイカしたバンドです。
DROPKICK MURPHYSTHE REAL McKENZIES とは違ってトラッド系のバンドです。 

地域的な関係でガイタというバグパイプを使ってます。
ガイタは普通のバグパイプよりやや高音ですが気持ち良い音である事は確かです。 ドラムではなく大太鼓の様な物を使用してるのでロックバンドという感じはないですね。

上の写真。 中央にガイタが二人いますね。 他にクラリネットや笛、スパニッシュギターなんかがいてオリジナルソングやトラッドソングを奏でます。

ガイタを前面に押し出す曲ばかりなのでパイプ好きの方は聴く価値はかなり有ります。 かなり楽しげなダンサブルな曲もやってましてノリノリになれます。

CELT音楽としてもトラッドPOPとしても楽しめるバンドだと思います。

前回はSHOCKING BLUEの「VENUS」。聴いた事ある人は多いけど、誰が歌ってるか?みたいなネタでした。

今回は第2弾。

これも若い世代なら聴いた事ない人は少ないと思います。
テレビ朝日の長寿番組『タモリ倶楽部』のオープニングテーマです。

ROYAL TEENS「SHORT SHOTS」という曲です。





ビーナス 「聴いた事がある」「誰が歌ってるのか知りたい」そんな方のためのご紹介。

SHOCKING BLUE「VENUS」です。

現在は演歌歌手として活躍中の長山洋子(昔はアイドルとして歌ってました)が1986年にユーロビートバージョンでカバーして日本人ならほとんどの人が聴いた事のある名曲です。


『She's got it Year baby, she's got it
 Well, I'm your Venus I'm your fire at your desire』
のサビです。


CENTRAL写真SALSAバンドを取り上げるのは初です。
今回は日本のバンドCENTRALです。

何年か前、『DOWN BEAT RULER』という毎年やっているSKA FLAMES企画のイカしたイベントで初めて見て惚れました。
今年もGWに恵比寿で開催が決定してます。 もうすぐですね。

さてCENTRAL。  メンバーが若いってのが良いですね。
↑の写真の真ん中辺に立ってる人はBAD MANNEROi-SKALLMATESのライブのTシャツ着てますね。 SKA好きかな? ちなみに私も持ってます。



The Pressure Drop: The Best of Toots & the Maytals

TOOTS&MAITALSのご紹介です。
こちらのグループもREGGAE聴く人なら知らない人はいないというグループ。

PUNKやROCKを聴く人が黒人ROCKバンドという流れでBOB MARLEYを聴いたりすると思います。 もしかしたら、「たくさんあるROCKのCDの中にジャマイカ産の音源はBOB MARLEYのベストしか無い」っていう人、結構いるんじゃないでしょうか?  そんな人にお勧め!


月影のナポリ


イタリアンPOPのユニットのmondo candidoです。

1999年に結成 。ルイゼッラ(ヴォーカル)、アレッサンドロ(ベース)、シモーネ(ギター)の3人ユニット。メンバーはみんな映画好きらしく、日本だと「OLが休みの日に紅茶を飲みながら聴くオシャレ系POP MUSIC」ってとこでしょうか?

ジャケットを見ても分かる通りファツションにもこだわるユニットだそうで、音楽のみならず、ファッション業界からも注目を集めているそうです。
良く見るとルイゼッラ(ヴォーカル)の右腕には彫り物がありますね。

昔の映画音楽のカバー、ボザノヴァ、ジャージーテイストを取り入れた音楽は話題となっているという事です。

少し前の話になりますが、トヨタの車「シエンタ」のCMで「月影のナポリ」という曲が使われていました。
「晴れた空シエンタ♪」ってやつです。 最初、日本人が歌ってると思いましたがイタリア人でした。

「月影のナポリ」は昔ヒットしたイタリアン・ポップスの替え歌なんだそうで日本でもこの歌は森山加代子ザ・ピーナッツがカヴァーしていました。 
そっちのカバーの方が気になる感じもします。

たまにはオシャレ系ってことでこの一枚。

■ランキング参加中。清きワンクリックをお願いします。音楽は地球を救う! 



Mountain Tracks, Vol. 3


FUJI ROCK '05の3日目に出演が決定しているYonder Mountain String Band

デイヴ・ジョンストン(banjo)とジェフ・オースティン(mand)を中心に米国で結成されたブルーグラス・バンド

ブルーグラスとは1920年〜1930年頃に生まれたカントリーミュージックの中でもアップテンポで自由奔放な音楽。 ケンタッキー州の牧草「ブルーグラス」が語源らしいです。 とにかく、バンジョーやフィドル早弾きが気持ちよい音楽です。 カントリーのゆったりしたのも良いですが私は高速ブルーグラスが大好きです。


Panorama Steel Orchestra

以前、本場カリブのスティールパン・オーケストラのTHE ESSO TRINIDAD STEEL BANDを取り上げましたが今回は日本のスティールパンのバンドLITTLE TEMPO。
ではなくPanorama Steel Orchestra

日本を代表するスティールパン奏者として様々なアーティストと音楽制作を行う原田芳宏率いる30人編成のスティールパンオーケストラです。



『Unchained』 Spirit


今回はREGGAEです。

REGGAEを聴く人ならほとんどの人が知っている有名なDJです。

BUJU BANTON。 
本名はマイク・マイリー。 19歳の頃にはすでにHITを飛ばしトップDJだったそうです。後、93年にメジャーデビューし、だんだんとラスタファリズムに傾き原点回帰した音楽性を追及しています。



さて、なぜ今回は『UNCHAINED SPIRIT』なのか。
それはですね。 このアルバム、パンクレーベルのEPITAPHから出ているんです。 

そもそもRANCID「LIFE WON'T WAIT」(98年作)にBUJU BANTONはゲストで歌ってるんです。 その2年後に「UNCHAINED SPIRIT」はEPITAPHから出たわけです。 実際、RANCIDが口説いたそうです。 「PUNKもREGGAEもレベルミュージックなんだ!」ってな具合でしょうかね。

雑誌のインタビューでRANCIDのLARSは「BUJU BANTONBEENIE MANをリスペクトしている」という発言をしています。

この「UNCHAINED SPIRIT」では「No More Misty Days」という曲でRANCIDと共演してます。 が!何とも悲しい事に私の持ってるのはアナログのため、後半数曲が入ってないのでこの曲入ってません。

「No More Misty Days」以外の曲でも原点回帰だけにオーセンティックなキラーなSKAチューンもやってます。


REGGAEとPUNKのLINK。 面白いですね〜。


清きワンクリックをお願いします。音楽は地球を救う! 






MUNDO MESTIZOさてこちらもラテンロックなコンピレーションアルバム。『MUNDO MESTIZO』という去年発売したLATEN ROCKなコンピです。

LATEN ROCKのコンピはこの他にも何枚も持ってますが、このアルバムは他のモノとはちょと違います。




アルゼンチンのラテン・ロック専門ラジオ番組“ムンド・メスチーソ(混血世界)”から発信される曲中心にコンパイルしたLATEN的ミクスチャーなコンピです。。ロック、レゲエ、スカ、カリプソ、メレンゲ、ダブ、タンゴ、カルナバル、フォルクローレ、クンビア、ルンバ、ヒップホップ、ソン、モントゥーノなど。 
17のバンドが入ってますがバラエティーに富んでまして、いや、富みすぎって感じでおもしろいアルバムになってます。 アルゼンチン以外のバンドも多数で有名どころはFERMIN MUGRUZA,OJOS DE BRUJO,KARAMERO SANTOあたりでしょうか? 


FERMIN MUGRUZAは以前「GRITA!」というコンピにもNEGU GORRIAKというバンドで軽く触れました。
実は去年FUJI ROCK参加でオレンジコートで爆発してました。 FUJI ROCKには何年か前にも来てますし、去年川崎CLUB CITTAにも来てました。
また後で詳しく説明しましょう。


OJOS DE BRUJOは「フラメンコ MEETS HIP HOP」って感じなバンドで今年来日します。 詳細はこちら。このバンドもまたの機会に詳しく。



KARAMERO SANTOはアルゼンチンでホーンがいてアコーディオンもいます。 アゲアゲ系バンドでMUNU CHAOの南米ツアー時の共演歴があります。 VOとGはロングドレッド、BASEはSYSTEM OF DOWNのBASEみたいな変なモヒカンす。アコーディオンはひげもじゃ。 


一枚通して聴けますよ。 何がおもしろいって英語じゃない新鮮さと、普段聴かないような南米民族音楽を慣れ親しんだ音楽と混ぜて、躍らせながらイデオロギーの実現に向け暴力ではなく、音文化で物申すという姿勢。

本物のラテンミクスチャー汁たっぷりのヌレヌレエロティック永久保存版アルバムです!


清き一票をお願いします。音楽は地球を救う! 



<
スペクテイター (Vol.12(2004Spring issue))


お勧め雑誌です。 
『SPECTATOR』という雑誌で不定期発売になってます。

最近見つけたんですがアングラ音楽や旅などテーマはいろいろです。
ぼーっと読んでいると結構長持ちします。

最新号はALASKA特集ですが、一つ前の号が←。 
REBEL MUSICについて特集です。 REBEL MUSICとは反抗、抵抗を訴える音楽。 いつの時代も興味深い音楽は反抗、抵抗の精神から生まれたりするものです。 他にも面白い記事があります。 

大きい本屋に行けばバックナンバーありますし、サイトからも買えます。
Tシャツも販売してまして結構かっこよいです。

私も何冊か買いました。 良い雑誌っていうのは写真がいいですね〜。


■ランキング参加してます。清きワンクリックをお願いします。




喜納昌吉&チャンプルーズ【1948年沖縄県コザ市(現・沖縄市)に沖縄民謡界の重鎮、喜納昌永と妻千代の間に生まれる。'61年に『ハイサイおじさん』を作詞作曲。'68年喜納昌吉&チャンプルーズを結成。'79年『すべての人の心に花を』が誕生する。】

喜納昌吉&チャンプルーズ
ギャグじゃないです。 
このアルバム一枚しか持ってませんがかっこよく言うなら「JAPANESE TRAD DANSE MUSIC」ってなとこでしょうか?  

喜納昌吉といえば『すべての人の心に花を』かもしれませんがこのアルバムには入ってません。 『ハイサイおじさん』は入ってますね。 昔、志村けんが「変なおじさん♪」でカバー?した曲。 その他にも「すくちな者」「東京賛美歌」などお祭り的なパーティーチューンが盛りだくさん。

カチャーシーって言うんでしたっけ? 「アッ、アッ、アイヤ!」っていう民謡調の女性の声と口笛なのか笛なのか、ピーピー音。  思わず踊りたくなってしまいそうな軽快なリズム。  日本が誇れるダンスミュージックだと思います。

HI-STANDARDが主催したAIR JAMにも参加してましたね。



GRITA! 『GRITA!』とういレーベルから出たラテン系パンクのコンピレーションCDです。

「GRITA!」は元BAD RELIGIONのドラマーであるジェイ・B・ジェスクロウトという人が社長のレーベルで、ラテン系のパンクバンドをたくさん抱えてます。
もちろんEPITAPHでの職歴もあり立ち上げは90年代の半ば。 ヨーロッパ勤務の期間が長かったのでスパニック系やラテン系のパンクバンドと知り合う機会が多かったのではないでしょうか?

内容はドPUNK! サラッと一枚聴ける感じで、英語ではないので新鮮です。
BAD RELIGION的な早いパンクソングも多いです。
ただ、廃盤になってますので売ってません。 私も中古屋でたまたま見つけたものなんで、手に入れるのはかなり難しいと思われます。

TODOS TUS MUERTOS(アルゼンチン)、NEGU GORRIAK(スペイン・バスク)辺りが有名です。

TODOS TUS MUERTOSは「DANCEHOLL REGGAE MEETS PUNK」をやっちゃってます。 さりげなくMANU CHAOもゲストボーカルで入ってます。
単独アルバムなら手に入るかもしれません。 DUBもRAPもREGGAEもミックスするパンクなバンドで、これは一聴の価値ありです。

NEGU GORRIAKはもはやロックエンエスパニョールを語る上では外せない大物FERMIN MUGURUZAが所属していたバンド。 FERMIN MUGURUZAのソロなら4作程日本で手に入ります。 ライブアルバムが去年出たんですがこれはヤバイです。 SKAやらREGGAEやらバスクのトラッドやらをパンクのりでぶっちぎります。

この二つはいずれまた説明したいと思います。

「ラテンな奴等がパンクする時・・・」これがこのアルバムのスローガンです。
以前、説明した「RED HOT + LATEN」よりもパンク!

清き一票をお願いします。音楽は地球を救う! 





Too-Rye-Ay [US Bonus Tracks]

Dexy's Midnight Runners。78年にイギリスのグラスゴーでケヴィン・ローランド(vo&g)を中心に結成。
70年代イギリス。このころは政治への反抗であったり人種差別に対しての主張などが激しかった時代で、その背景によって数々の優れたミュージシャンが生まれた時です。

Dexy's Midnight Runnersも精神姿勢はMODだそうです。彼らはデビュー前イギリスでSKAとPUNKのビートを融合させ2TONEというレーベルを立ち上げたあのSPECIALSジェリー・ダマーズに「2TONEからレコードを出さないか?」と誘われたという事です。
実際は2TONEから出さず、ソウルなPUNKを奏でながらセカンドアルバムまで出し82年には解散。そのセカンドアルバム『TOO-RYE-AY』に入ってる「Come On Eileen」という曲についてです。

確実にIRISHテイストです。 リズムはSKA。 POPなメロ。 本国のみならず日本でもHITしたそうです。
聴いた事がある人も多いはず。 いわゆる名曲と言われている曲です。





イット・ミーンズ・エヴリシング+1


さてここでSAVE FERRISのデビューアルバム『it means everything』(1997年発売)です。 当時メンバーは21、22歳ってのがビックリです。 やっぱ日本のSKA系バンドと「バンドとしての演奏の上手さ」が格が違うと思うのは私だけでしょうか?
上で述べた「Come On Eileen」をアゲアゲHAPPYなSKA PNUKでカバーしてます。SKA PUNKを通った人なら誰でも知っているはず。 女性ボーカル(パワフルな声です)なんでNO DOUBTが好きならイケますね。 PVでもトロンボーンの男性が犬だか鹿だかの被り物被ってノリノリにプレーしてますし(意味不明)。

SWING ROCKっぽい渋カッコいい曲もやっていまして、アルバム一枚通してSKA PUNKではないので楽しめます。

この曲をカバーしてるバンドは世界中にたくさんいると思いますね。

日本だとCOKEHEAD HIPSTERS がやってたそうです。 聴いた事はないですが…。
そう言えばPOTSHOTが解散だそうですね…。 お疲れ様でした!
あなた達は頑張った! でも後10年くらいやってくれればいろいろありそうなのに。

清き一票をお願いします。音楽は地球を救う!